女性ホルモンと大豆イソフラボン 美肌になる方法

女性ホルモンと大豆イソフラボンについて

女性ホルモンは他の栄養素と違い体内でしか作られないため食べ物で補うことは難しいとされていました。

 

今でも更年期障害などで女性ホルモンを補おうとすると、婦人科に行って薬として処方してもらうしか方法はありません。症状が重い場合 は医師の診断を受けることが大切ですが、普段から自分でできる方法があります。
それは、「植物エストロゲン」と呼ばれている大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンを含む食べ物は大豆・納豆・豆腐・豆乳などがありますが、それらの食べ物に含まれている「フィトエストロゲン」が体 内に入ると、女性ホルモンと似た働きをすることがわかっています。

 

摂取する量ですが、これは普通の食べ物なので、基本的にとり過ぎということはありません。が、どれだけ摂れば有効なのかの目安として は、豆腐(半丁)・豆乳(1カップ)・きなこ(大さじ3杯)くらいです。
これで1日に必要な大豆イソフラボン50mgが摂れる量になります。

 

おすすめコスメ